SMSマーケティングとメリット・デメリットを解説

この世の中には、さまざまなメッセージをやり取りするツールがたくさんありますが、なかでもSMSは、スマホの標準機能として搭載されており、様々な用途で使われています。SMS(ショートメッセージサービス)は、シンプルなプライベートでのやり取りだけではなく、ビジネスにおいても便利に利用することが可能です。この記事では、SMSの基本的な特徴やメリットを紹介します。

SMSの特徴

SMSマーケティングを展開する上ではSMSそのものについての特徴も理解しておくことが大切です。SMSはビジネスシーンでよく利用されています。ビジネスに使用していく観点で、どのような特徴があるのかをチェックしましょう。

SMSの特徴として携帯電話番号だけで送信できるという点があります。ショートメールは携帯電話番号さえわかれば送信できるのが特徴の一つです。SMSによる情報配信についての許諾を受けた上で、リストを作成すれば気軽に多くのユーザーに情報を発信することができます。携帯電話番号は変更されることがあまりありません。最近は、一人一つの携帯電話番号を持っていますので、メッセージの到達率は高いことが期待できます。また開封率が高いのも特徴の一つです。SMSマーケティングがビジネスシーンで活用されるようになった理由の一つとして、高い開封率が挙げられます。80%くらいのSMSが開封されているという統計情報があります。他のメッセージアプリならば知らない人からのメッセージは既読されない、またメールならば迷惑メールに振り分けられてしまうことが多々ありますが、SMSは電話番号を知っている相手からの連絡だという信頼感があるため、たくさんのユーザーがSMSを開封しています。

SMSは普及率がかなり高くなっているのも特徴のひとつです。ショートメールはほとんどのキャリアで利用可能で、iPhoneでもAndroidでも、また他のどのOSであっても利用できます。機種も問いませんので、ほとんどの人に対してアプローチできるのがSMSです。スマートフォンの保有率が高くなっていることを考えると、プッシュ通知を経て開封する確率も高まってきています。しかも特別なアプリのダウンロードなどの準備も必要ありませんので、携帯電話(スマートフォン)の保有率を考慮すると、実質的にはほぼ全ての利用者がSMSユーザーだと言えます。文字数や画像の制限があることは一つのデメリットといえるかもしれません。SMSの制限としては、全角70文字を上限としていること、また画像も添付することもできません。文字制限がないEメールに比べると、コミュニケーションツールとしての自由度が低いことは確かです。しかし、SMSの文字数についてはSMS送信サービスを活用すると660文字程度まで増やせます。電話番号を使ってのメッセージ送信ですので、なりすましやハッキングされづらく、セキュリティが高くなっています。ネット銀行の本人認証や登録情報変更時に、SMSで認証パスワードが送られていることからわかるように、最も安心して使えるメールシステムとなっています。

・SMSマーケティング

SMSマーケティングとは、SMS(ショートメッセージサービス)をコミュニケーションツールとして手軽に用いるマーケティングの方法です。SMSは、相手先の携帯電話番号宛にメッセージを手軽に配信することができるサービスで、スマートフォンやフィーチャーフォンで送受信できます。主に、短い文字数のテキストメッセージを指し、多くのキャリアの端末で共通システムとして利用できます。個人と一対一の対応になっていますので、ダイレクトメッセージのように活用できる連絡手段です。

SMSマーケティングは、顧客にSMSを配信することでビジネスチャンスを生み出す方法です。顧客の電話番号を使って送信するので、顧客は自分のための情報だと期待しがちです。また、Eメールや電話のように即時で顧客にアプローチできるため、有用性の高いマーケティング手法として人気があります。

一方で、SMSの特性・機能を理解し、それに適した運用を行わなければ、潜在顧客を失うリスクもあります。

SMSマーケティングのポイントとは?

SMSマーケティングを活用したいと思っておられる方は、実際にマーケティングを展開する上でのポイントを理解することが重要です。

SMSマーケティングを活用したいと思っておられる方は、実際にマーケティングを展開する上でのポイントを理解することが重要です。ここではSMSマーケティングにおける重要な使い方を解説いたします。

1.メッセージを短くし、付加価値をつける

SMSマーケティングにおいては、付加価値のある内容を可能な限り短いメッセージで送るのが重要です。SMSはさっと見て内容をチェックし、不要な情報は削除してしまい、有用な情報だと感じた場合にのみ詳細を見るというユーザーが多くなっています。あまりにも長いSMSを送っても、最初の数十文字しか読んでもらえません。長すぎると迷惑メールだと思われてしまい、すぐに受信拒否されることもあるので気を付けましょう。

SMSはスマートフォンで受信したときにプッシュ通知を受け取る設定にしているユーザーが多いのが特徴です。SMSマーケティングではこの点に着目し、プッシュ通知でポップアップされるわずかな文で、魅力を感じ取ってもらえるようにすると効果が上がります。冒頭部分の内容を充実させて、このSMSは自分のための情報だと思ってもらうことを目指しましょう。

ショートメールの文字数制限は原則として70文字ですが、弊社サービスのように660文字まで入れられるようにするサービスも利用可能です。ただ、それでもむやみやたらに文字数を増やさずに必要な情報を短くわかりやすい形でまとめ、SMSの内容だけで伝えきれない情報はリンク先に設置するのがおすすめです。

2, 最小限の送信先に抑えて一斉送信も検討する

SMSマーケティングでは一斉送信も検討するのがおすすめのアプローチです。ショートメールは携帯電話番号のリストがあれば、たくさんのユーザーにまとめて送信できます。同じ内容のメッセージでも多数のユーザーに届けることで、より多くのレスポンスを受けることが可能です。一斉送信なら個別送信に比べて手間が少なくて済むため、コストパフォーマンスが高くなると期待できます。

ただし、SMSマーケティングでは送信先の数は最小限に抑えた方が良いでしょう。SMSは1通送信するごとに数円から数十円程度のコストがかかります。レスポンスが全くないユーザーに何度もSMSを送信しているとコストが増えるだけで結果に結びつきません。効果が上がりやすいユーザーを選定してターゲットにするのがSMSマーケティングをする上では重要なポイントです。

一斉送信はショートメール送信サービスを利用すると効率的におこなえます。しかし、顧客リストを使ってそのまま送信するのではなく、顧客を分類して内容に応じて送信先を最小限に絞り込むことが大切です。大多数に一斉送信するのは簡単ですが、SMSマーケティングのコストパフォーマンスが下がる原因になるので気を付けましょう。

3,短い自社のドメイン名を短縮URLの代わりに利用する

SMSマーケティングではメッセージを短くまとめることが重要なポイントなので、URLを記載するときにも注意が必要です。URLが長いときにはURLの文字数だけで70文字以上になってしまうこともあります。文字数制限を考慮に入れつつ、文字数によって配信コストも変わることを考えると、少しでもURLを短くしたいと思うはずです。その際に有用なのが短縮URLです。

短縮URLを用いれば、SMS上に記載されているURLの文字数を短くすることができます。ただ、文字数を減らせる一方で、フィッシング詐欺だと疑われる可能性も生じるので気を付けましょう。SMSによるフィッシング詐欺の被害が増えているため、ユーザーも怪しいと思われる短縮URLにはアクセスしないこともあります。

ユーザーからの信用してもらうための一つの方法としては、短縮URLを使わずに短い自社ドメインを利用することです。「xxx.co.jp」のように偽造がほとんどない短いドメインを取得して使うようにしましょう。

SMS送信サービスEZSMSでリンクトラキングという機能があります。リンクトラキングを使用するとマーケティングメッセージの反応を得られます。SMSの一斉配信がウェブからできると、様々な使い方ができます。 例えば、自分の携帯電話から同じメッセージを何度も複数の宛先へと打ち込まなくて済むので、マーケティングのみならず、法人や教育機関など、多くのメンバーが集まるところであれば、重要・緊急の通知事項は受信者が手元ですぐに確認できるSMSで送るのが適切です。しかし、一方通行で良い通知もあれば、返信が欲しい通知もあります。返信フォームへ入力が済んでいないのは誰かーすぐに分かるのがリンクトラッキングの利点です。送信結果の分析に、ぜひお役立てくださ

4, オプトインとオプトアウトの道筋を明確にする

SMSマーケティングでは、特電法についての意識が必要です。特電法とは、特定電子メール法の略称で、電子メールを使用した営業目的のメール送信について規制されています。SMSも特電法の対象となりますので、法律に順守しつつ、SMSマーケティングをしていきましょう。

SMSマーケティングでは、特電法に則りオプトインとオプトアウトの選択を明確にすることが重要です。オプトインとは、SMSマーケティングをする前に送信先のユーザーから事前承認を受けることです。オプトアウトは、SMSが不要と思ったユーザーがショートメールの受信を停止することです。オプトインもオプトアウトも、ユーザーが自分の判断で簡単に選択できるようにしておくのが、SMSマーケティングをするときには大事なのです。

特に、オプトアウトに関して問題になるケースがありますので気を付けましょう。SMSを受信しない設定をするためのURLを明示するか、オプトアウトのためのメールアドレスを明示することが典型的な方法です。どのようにオプトアウトしたら良いかわからないような場合は、迷惑メールだと判断されてしまい、大きなトラブルになる可能性があります。

5.SMS送信サービスを活用する

SMS送信サービスは、SMSマーケティングを展開する上でとても役に立ちます。SMSは、ユーザーの携帯電話番号さえわかれば個別に送信することが可能です。原則としては、SMSはスマートフォンやフィーチャーフォンから送信する仕組みです。多数のユーザーに対して同時にSMSを送信することはできませんので、携帯電話を使ってマーケティング目的でSMSを配信するのは困難です。

しかし、SMS送信サービスを使うと、一斉送信をすることも、パソコン・PCからメッセージを送ることもできます。業務効率を上げることができるため、SMSマーケティングのコスト削減につながります。また、SMS送信サービスでは予めスケジュールしたタイミングでSMSを送信することや、顧客情報を管理して送信先を決定したりすることもできます。

6.定期的に改善を目指す

マーケティングを行っていくためには、コストを考慮しつつ、利益を生み出すことができなければあまり意味がありません。マーケティング目的によってどのような指標で評価したら良いかは異なりますが、ビジネスでは、売り上げの向上につながることが大事なポイントでしょう。

SMSマーケティングを始めたときは、定期的に改善のためのアイデアを考えるのが大切です。SMSは1通ごとにコストがかかります。そのため、配信先を減らせばコストは下がります。文字数によっても1通の送信コストが変わるため、内容をよく考えて短くする努力が必要なこともあります。

SMSマーケティングの結果を分析すると、効果が上がっているため送信先を増やした方が良いという判断になることもあります。逆に、メッセージを短くし過ぎたため魅力が伝わっていないという結果になることもあります。より良いSMSマーケティングを目指して分析していくとコストパフォーマンスは向上していきます。SMS送信サービスをSMSマーケティングのツールとして利用すると、改善の施策も検討しやすくなります。料で資料をダウンロードする

SMSマーケティングのメリット

SMSの特徴がわかると、マーケティングでの使用範囲が広いと感じるかと思います。以降では、SMSマーケティングのメリットについて詳しく紹介していきます。

すぐに見てもらえる

SMSは、プッシュ通知を設定していることが多いため、送信してすぐに見てもらえるという利点があります。統計を調べると、開封までの時間が3分程度とされており、タイムリーな情報を伝えたい方にはうってつけのツールといえます。また、開封率が高いという特長があります。メールに比べて、SMSは受信する頻度が少ないため、目に付きやすく開封される率が高いという傾向があるのです。

レスポンスが良い

SMSは、ユーザーからのレスポンスが良いのがメリットとして挙げられます。マーケティングにおいては、情報を発信しても反応がなければあまり意味がありません。統計データによると、レスポンス率が45%と言われており、SMSマーケティングは効果が上がりやすい方法です。

送信すれば高確率でターゲットにSMSが届く

SMSは、携帯電話に標準搭載されている機能ですので、ユーザーは特に設定をする必要がありません。なんの準備をしなくても利用できます。すぐに使えるため、幅広い年代の方にマーケティングできる方法なのです。

携帯電話番号がわかれば送れる

携帯電話番号は11桁の数字ですので、番号だけでショートメッセージを送ることが可能です。メールアドレスに送信する場合は、入力間違いや記入間違いが起こる場合がありますが、SMSは数字だけですので、間違う可能性が低いのです。

携帯電話番号は変更されにくいため顧客との接点を長く持てる

メールアドレスは頻繁に変更されがちですが、携帯電話番号を変更する人はあまり多くはありません。長くお客様との接点を持つことがメリットとして挙げられます。

送信コストが比較的安い

送信費用はとても安く、1通のコストは数円~数十円程度です。

コストパフォーマンスを上げやすい

ショートメールは、コストパフォーマンスの向上に繋がります。SMS送信は、1通ごとにコストがかかりますので、その点に注目し、レスポンス率が低いとわかった方法は排除し、売り上げにつながる方法を採用していけば、パフォーマンスが上がります。またSMSは送信コストが比較的安いため、1通のコストは数円~数十円程度となっています。

まとめ

SMSマーケティングは、SMSの利点を活用して、ユーザーにいろいろな視点からアプローチすることができる有用な方法です。SMS送信サービスの活用によって、コストパフォーマンスの高いマーケティングが可能になっています。ぜひ、ご利用をご検討ください。様々なSMS送信サービスが存在していますが、とても使いやすいサービスプロバイダーとして、 EZSMSは群を抜いています。利用分のみのお支払いですし、初期費用も必要ではありません。インストールするファイルもなく、ブラウザ上でSMSを一斉送信できます。また、顧客ごとのメッセージのカスタマイズも可能ですし、CSVファイルを使った配信にも対応しています。 すべてオンラインで完結できる素晴らしいサービスです。ぜひチェックしてみてください。

Tags :

マーケティング